リレンザは世界で一番早く発売された吸入型のインフルエンザ治療薬です。新型インフルエンザにも効果が期待できるお薬として注目されています。また即効性があり、子供にも服用できるのでオススメです。

リレンザの効果時間

最近は仕事をしているサラリーマンにとってはなかなか早く家に帰ることができないため、毎日遅くまで仕事をこなしていると睡眠時間も少なくなってきます。さらには、現在のインターネットの社会では家に帰ってからもスマートフォンやインターネットを閲覧することで、どんどんと時間が無くなっていくため、より多くの睡眠時間が削られることになり、体に対する負担が大きくなって体が弱ってくる可能性も高くなります。そのような状況においても非常に疲れている体では、病気から守ってくれる抗体などがしっかりと作用していないため、より多くの人たちが抗体不足のため、病気になってしまい発熱が発生したり、さらには風邪をひいてしまったりします。さらにひどいときには冬場などではインフルエンザが流行っており、外に出ると周りの人から菌をもらってしまいインフルエンザに感染してしまう可能性があります。インフルエンザに感染してしまった場合には速やかにお医者さんに診てもらう必要があるのですが、万が一診断されてしまったら、家では安静にしておく必要があります。特に、お医者さんから処方されるお薬であるリレンザを使い方を間違えずにしっかりと飲んできっちりとした休養を取っておくことで、より安心して休むことが大切になってきます。インフルエンザにかかってしまうと高熱になるため、体が非常にしんどくてなかなか動くことができません。特に一人暮らしのサラリーマンにとっては食事もまともに作ることができないため、しっかりと休んでおくことで、体の疲れをとり病気が早く治るように心掛けなければなりません。ここでリレンザの効果時間に関してですが、およそ半日程度のものが多いためお医者さんの指導のもとでしっかりと薬を飲んで治してあげる必要があります。

リレンザは子供にも使用できる?

インフルエンザに感染し、医療機関を受診するとタミフルかイナビル、リレンザが処方されます。この3つの薬は抗インフルエンザ薬と呼ばれ、インフルエンザのウイルスを細胞内に抑え込む働きがあります。ウイルスそのものを死滅させることはできません。ですが、使用すると2日から3日程で、高熱や倦怠感といった症状が改善され、体調が回復してきます。タミフルとリレンザの大きな違いは薬の形状と成分にあります。タミフルは錠剤やドライシロップですが、リレンザは専用の吸入器と薬を利用した吸入薬です。どちらもだいたい5日間ほど使用します。タミフルは主に10歳未満の子供と大人、高齢者に処方されます。一方リレンザは吸い込む事ができるようになる5歳以上の子供に処方される事が多いです。うまく吸う事ができれば、5歳未満でも大丈夫です。大人でも子供でも吸入する薬の量が変わらないのが1つの特徴ともなっています。また、タミフルは十代の子供が服用した場合、飛び降りたり、奇声を発したりといった異常行動が見られることがあります。タミフルだけが原因ではありませんが、異常行動が出にくいのはリレンザです。そのため10代の子供にはリレンザが処方される事が多いです。なお、リレンザは吸入薬であるため、ウイルスが付着している事が多い、喉の粘膜に直接届ける事ができます。そのため効き目もタミフルに比べ若干早く出てきます。また、薬に耐性があるウイルスも見つかっていないので、安心して使用する事ができます。ただし、薬の粉が大変細かいので気管支が弱い場合は、刺激になってしまうこともあります。医師との相談が必要ですが、気管支の薬を使用してからリレンザを使用すると刺激を感じる事が少なくなります。

リレンザと併用禁止な薬

リレンザとは、抗インフルエンザ薬として開発された医薬品ですが、他の製品とは違って、吸入タイプの薬であるというところがいちばんの特徴であるといえます。インフルエンザのウイルスというのは、基本的に呼吸を通じて外部から鼻腔や咽を経由して吸い込まれ、そのまま気道などの粘膜になっている部分にくっついて増殖するという性質をもっています。このため、リレンザにように気道に直接薬剤が当たるような工夫をもっている医薬品であれば、より効率的にインフルエンザウイルスの増殖を阻止するというはたらきが期待できるというわけです。このリレンザについては、副作用なども他の抗インフルエンザ薬とくらべると割と少ないとされており、併用禁忌として明確に書かれているような医薬品もありません。ただし、リレンザが吸入タイプであるということから、併用にあたっては十分な注意をしなければならない医薬品も存在しています。たとえば、気管支ぜんそくや、慢性閉塞性肺疾患などといった、慢性的な呼吸器の病気をかかえている人については、その治療のための吸入薬、すなわち気管支拡張剤などを併用することがあるはずです。こうした医薬品との併用については、気道の過敏性が高まってしまうことが懸念され、海外で薬理試験をしたときの事例のなかでは、副作用が確認されたという報告も上がっています。したがって、気管支拡張剤などを併用する場合には、抗インフルエンザ薬であるリレンザよりも前に投与するようにして、リレンザのほうを後から投与するといった、前後関係を考えての併用が必要となってきます。また、併用によって実際に副作用が認められた場合には、すみやかに使用を中止して適切な措置をとるべきなのは、いうまでもありません。

■リレンザを含むインフルエンザ治療薬のお求めはあんしん通販薬局がおすすめ
インフルエンザ 治療
■リレンザでインフルエンザの症状が悪化する前に治療しましょう
ザナミビル