リレンザは世界で一番早く発売された吸入型のインフルエンザ治療薬です。新型インフルエンザにも効果が期待できるお薬として注目されています。また即効性があり、子供にも服用できるのでオススメです。

2016年08月の記事一覧

リレンザとグッズと食欲不振とは

インフルエンザにかかるとかなり辛い症状が出てしまうこともあるため、専用のグッズなどで対策していくと良いでしょう。最近では100円ショップなどでも効果的なインフルエンザ対策グッズが販売されています。リレンザとはインフルエンザ治療薬の一つであり、飲み薬ではなく吸入するタイプとなっています。リレンザはA型とB型のインフルエンザウイルスに効果がありますが、C型には効果が期待できないと言われています。他のインフルエンザ治療薬よりも即効性があることが特徴です。この薬はインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果のあるのですが、発症して時間が経つとほとんど効果が無くなってしまうこともあるため、できるだけ早く治療を開始することが大切です。発症後48時間以内に服用を開始することがポイントであり、それによって症状の期間を短縮することができるのです。リレンザは他のインフルエンザ治療薬よりも副作用が起きにくいとされていますが、全く副作用が起きないというわけではないのでしっかり確認しておきましょう。主な副作用としは下痢や嘔吐、食欲不振などが挙げられます。リレンザは4歳以下の乳幼児に対しては使うことができません。必ず専用の吸入器から投与する必要があり、子供の場合は吸入ができる場合のみ投与しましょう。ちなみに、投与した後に失神やショックなどの症状が起きてしまったという話もあります。これは強く吸引したことや長く息を止めたことが主な原因とされているため、リラックスした状態で吸入するようにしましょう。未成年が利用すると副作用が置きやすいと言われています。そこで未成年者に使う場合は保護者がしっかり様子を確認することが重要であり、最低でも2日間は一人にしないようにしましょう。

続きを読む

リレンザと低体温と拡散について

インフルエンザウイルスは、低温を好むため、温度が低くなると患者数が増えます。
インフルエンザや風邪の予防にうがいが効果的だといわれるのは、ウイルスの除去に加えて粘膜の乾燥防止に効果があるからなのです。
低温で乾燥した状態だと、ウイルスの活動が活発になるため感染しやすいのです。
抵抗力が落ちていると、感染しやすくなるので注意が必要です。
インフルエンザウイルスから体を守るためには、免疫が重要な役割を担っています。
免疫細胞の働きは、体温によって差が出ます。
低体温だと、免疫力が低下すると考えられています。
インフルエンザにかかった場合は、マスクをしてウイルスが拡散しないように気をつける必要があります。
インフルエンザの治療に使われる薬のひとつが、リレンザです。
リレンザは、ノイラミニダーゼの働きを阻害します。
ノイラミニダーゼは、インフルエンザウイルスの増殖に欠かせない酵素です。
リレンザは、インフルエンザウイルスに直接働きかけて、ウイルスの増殖を抑えます。
専用の吸入器を使って口から吸い込み、気道に作用させます。
インフルエンザウイルスに感染した初期に使うことで、早期回復が期待できます。
リレンザは、治療に使うほか、予防薬として処方されることもあります。
吸入薬なので、副作用も少ないと言われています。
正しく吸入しないと効果が十分に発揮されないので、正しい使用方法の説明を受けることが大切です。
呼吸器の病気を持っている人は、必ず医師に相談してから使うようにします。
薬を処方されたら、すぐに吸入する必要があります。
吸入後、蕁麻疹が出たり、息苦しくなったりした場合は、すぐに使用をやめて病院で診察を受けることが大事です。

続きを読む